冷蔵庫 引っ越し

1番簡単で格安な冷蔵庫の引っ越し方法とは?

冷蔵庫 の 引っ越し

冷蔵庫 の 引越し

冷蔵庫 移動

冷蔵庫 郵送

冷蔵庫 配送

 

大型の冷蔵庫は重さも100s前後と、10p動かすのも大変です。

 

冷蔵庫の引越しは、毎日冷蔵庫を運んでいる引越し業者に依頼するのがオススメです。

 

冷蔵庫の引越しを格安にしたいなら、引越し業者一括見積もりで比較することです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

同じ条件で複数の業者から見積もりを取ることで、引越し費用を安くすることができるのです。

 

でも1社ずつ連絡して見積もりを取るのは大変ですから、一括見積もりが簡単で便利です。
引越し業者には、大きな荷物だけを運んでほしいという依頼でもやってくれるところもあります。

 

あなたにピッタリのところが見つかるといいですね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しのときはすることがとても多いので、先におおまかな手順を知っておくのがオススメです。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

まず新居が決まってからでないと費用の算出ができません。
ですから、新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較して必ず契約もしておきましょう。
条件の良い引越し業者から予約が埋まりますから、契約をお忘れなく。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので、早めに取り掛かりましょう。

 

転出届などの役所関係の書類、電気・ガス・水道などのインフラの停止や精算方法の確認、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

当日、荷物の運搬はスタッフにおまかせして、家財の配置を指示してあげてくださいね。
貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理しましょう。

 

引越ししたら、合間を縫ってご近所へ挨拶に行きます。手土産を用意しておくといいですね。

 

引越し後2週間以内に、転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更しましょう。

 

 

引越しの有料オプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
必要な人だけが追加でつけられるサービスです。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

いろいろなサービスがありますが、サービスの内容は引越し業者によって異なりますので、必ず契約前にご確認ください。

 

最も依頼が多いのがエアコンの移設なのですが、これを自分で手配するのは面倒なのです。

 

なぜなら引越し前に取り外してもらい、引越し後に取り付けを依頼しなければならないからです。つまり2回依頼する必要があります。

 

しかしオプションで「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が代理でやってくれるので便利です。

 

ほかにも長距離の運転が苦手な方には車の陸送サービスが人気です。
運転が苦手、高速道路が苦手、仕事が忙しくて時間がない、小さい子がいる、妊娠中であるなど長時間の運転が出来ない方に重宝されています。
ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬、調律のサービスです。
実はピアノはどこの引越し会社でも運んでくれるというわけではありません。

 

ピアノの運搬が必要な方はオプションで依頼して下さいね。

 

今どきなのが盗聴器を探すオプションを行っているところもあるそうです。
どんなサービスが必要なのかも業者を決める目安になりますね。

 

 

引越しの掃除

 

引っ越しの冷蔵庫

 

引越しと同時に目に付きはじめるのが、部屋の汚れやキズです。
いままで気にしていなかったのが、引越しで家具や荷物がなくなるとゴミや汚れ、破損などに気がつくんですよね。
いま借りているお部屋は大家さんや不動産などクリーニングするのですが、敷金の返金の祭に少しでも好印象を与えたいと思うものです。

 

引越し当日は忙しく、ゆっくり掃除をする時間がありません。
ほうきでゴミを取るぐらいでしょうから、気になる汚れや目立つキズは前日までにキレイにしておきましょう。
台所や浴室、洗面所、トイレなどはカビや油汚れなどある程度は汚れを取っておきましょう。
普段から掃除をしていれば簡単なんですけどね。

 

フローリングの床や壁、柱などちょっとしたキズなら細工をして目立たないようにしておくといいですよ。
故意によるキズや破損以外は、日常生活についてしまうキズや日焼けなどは問題はありません。
荷物を出し終わった部屋がスッキリとキレイになってなっているとお互い気持ちがいいものです。
引越し当日に洗濯機や冷蔵庫や大きな家具を出し後は結構汚れています。
雑巾やほうき、ちりとりは最後に使うので用意しておきましょう。
いままでの感謝の意味でも部屋をキレイにして新居に向かいたいものですね。